カテゴリー「物思い」の記事

舞台。

ご無沙汰しております!何だか久しぶりの更新です。

ちょっと色々と考え事がここ最近多くって。

そうそう、この間久しぶりに宝塚を観劇してきました!
やっぱりあそこは夢の世界ですねぇ☆

しかしながらここ最近は純粋に舞台を見ることが出来ない。

『何cm位のヒールで踊っているのかしら』
とか、
『メイクはどうやっているのか』
とか、
『アノ人、スタイル良いな』(←これは単なるミーハーというものだ。)
とか。

あと、わたくし、生まれて初めてディズニーシーにも行ってきました。
ショーを堪能したのですがここでもやはり、純粋に見れなかった。

勿論、楽しんだけれど、途中でメラメラ(ムラムラじゃないよって聞いてないか。)してくるというか。

でもやっぱり色々な物を観たり、聴いたり、体験していると自分なりの目標などが出来ました。

しばらくまたここに更新する日が少なくなるかもですが、
元気でやってますので!

とかいいながら明日も観劇なので感想を書くかもしれませんが。

どうぞ宜しくお願い致します~!!!!

| | コメント (2)

2人のIKKO

いや、別にもう良いんですけどね。

IKKOとか、そうでないとか。

別に狙ってたわけじゃないので。

今日は稽古後、以前古着屋さんで働いていた時からのお友達に久々に会ったのさ。

彼女はとってもキュートで天然でめっちゃ良い子。

コーヒーが嫌いなのに、週5入っているバイト先の店長が朝一番に入れてくれるコーヒーを4年間『悪いから・・・』といって飲み続けている位、良い奴なのだ。

新宿で待ち合わせし、

彼女を発見した時の私の第一声。

『同じ髪型やん!!!』

そう、彼女もIKKOヘアーだったのだ。

しかも彼女は数年前から余り変わっていないらしい。強者だ。

一通り爆笑し、2人でお好み焼きへ。

同じ髪型の2人が集中してお好み焼きを焼き、そして食す。

何とも風流である。

その後、2人は喫茶店へ。

カウンターに並んで座った。

同じ髪型で、同じ様な服装で。


でも本当に良い奴なんだ。

私みたいに偏屈で、モヤモヤしてなくて、汚れた心の人間ではなく、とてもピュア。

心がキレイなんだ。


一緒に韓国に行ったとき、色違いで買ったフリフリの服。

私は恥ずかしくて着なかったけど、彼女は嬉しくて着て日本に帰ろうとした。しかし余りにも目立ってしまい、空港の検問で止められたくらいピュアなのだ。(日本語オカシイけど、気にしないで。)

私は今日久々にそんな彼女に会い、元気を貰いました。

やっぱり人間ピュアが一番です。

| | コメント (4)

アイスガールズ2007

点数なんてどうでも良いと思った。

・補欠候補に選ばれてしまった子。でも涙は見せなかった。
『今泣いたら弱い感じがするから。』
現実を受け止め、むしろヤル気が満ちる。その結果、レギュラーを勝ち取る。


・大学に入ってからスケートを始めた人ばかりのチーム。
応援してくれるコーチの母の病気。コーチは母が退院するまでそれを明かさなかった。
『今ここで皆がこのことで動揺する必要はないから・・・とにかく皆にはスケートを楽しんで好きになって欲しい。』

・65歳のおばちゃん。
若い人に負けられないと奮起し第二の青春、65回目の夏。
終わった後の涙。
『先生、私をチームに入れてくれてありがとう。』

以上のチームはどこも敗退チーム。
そりゃ点数が良い事に越したことは無い。

けれど、点数以上の『何か』がそこにあった。
沢山のメッセージを受け取りました。

私が行っているダンススタジオにも60歳以上の方が居るけど、皆負けず嫌いでその上ダンスを楽しんでいるんだ。

私が今居る世界は結果がとても求められる世界・・・。

私には今何が出来るのだろうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

有り難う御座いましたって…。

日本語って奥が深いやね。

『有り難う御座いました』って


多分、多分なんやけど、

中々無い事(有り難い事)について座って御礼したいくらい感謝してるって事でしょう?

この前ね、今の仕事場を辞める方がいて、皆に手紙をくれたのさ。

その中に沢山の『有り難う御座いました』っていう言葉が書いてあって…。

こんなに感謝の気持ちを言えるなんて、何て素敵なんだろうと思った。

そんな彼女に感謝の気持ちで一杯になった。



日本語って良いなぁ…綺麗だなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜中に思うこと。

昨日大々的(…?)に日高信乃ちゃんのネットラジオに出たという事を書いたのだが。

思い出してみた。

その時の状況を。

…私、多分…いや、絶対声低い。

多分…絶対ボソボソ喋ってる。

多分…絶対関西人丸出し。

最後のヤツは別に良いんだけどさっ。上の2つはヤバイだろう。

私のイメージなんてもんは有って無い様なモノだけど、もしもこのラジオを聞いた方が、

『なんじゃこの声低い女は!』

と驚くか、引くか…ひええええぇぇぇ。

…ま、良いか(早っ!)。

それなればイメージを覆して行こうではないか!!マサコさんよおぅ。

あぁ何て自分勝手な文章なのでしょう。

明日は昼間から茉莉花練習だし、もう寝よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リフレッシュを求める日々。

どうも最近扁桃炎になってから、昼間でも夢の中にいる様な感覚になる事が多かった。

つまりボーっとしてしまう。集中力が無い。

そんな時にダンスに行っても先生に怒られるだけ。

元気の源が欲しい!とにかくそんな感じ。

とりあえずカレーを作った。P1000332

何か知らんが体がカレーを欲していた。

我慢が出来ず、マッサージにも行った。

丁寧な対応でまさかの延長。

帰りには温かい薬膳茶とアロマの香りのお手拭、更にはセルフの飴やらラムネが置いてあった。

横のテレビでは『ドリフ』が。

飴やラムネをつまみながらドリフをたしなむ。たまに『へへっ』とか言いながら。

下手したら一時間位居そうになったので店を出た。

するとどうだろうか、身長伸びた?!ってな位に体が軽い!

カレーも食べた!昨日もチャージしたハズだし(^^)

これで明日は元気になるはず!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

我故郷・姫路。

『なんぼのもんじゃい!!!コラー!』

TVカメラの前で若者が叫ぶ。

世界遺産、姫路城の城下町で毎年行われる「姫路ゆかた祭り」。P1000021_1

私も小さい頃は両親や友人と毎年楽しみにしながら行っていた。

そして今、大変な問題になっている暴走族の問題。

姫路は春になるとお城の周りは桜が綺麗で観光客も多い。夜は夜でライトアップされたお城が幻想的で子供ながらに『綺麗だけど何か怖いなぁ…』と思ったものだ。

でもこの「祭り」になると、どこからとも無く現れる「暴走族」。

特攻服にみを包み、群がって、喧嘩して、暴れて。

一体何を主張したいのだろうか。

行き場も無くどうしようもない世間への溢れる怒り。有り余る若さ故の力。

それは分かるけれど、生きている証を示したいのなら、もっと他に方法はあるだろうに。

そもそも祭りは老若男女が楽しめる風流で奥ゆかしい行事ではないのか?

これが地元の「祭り」として東京で紹介されてしまった事が、私は悲しい。

でも私は姫路が好きだ。お城は見慣れてしまったがやっぱり好きだ。

だから力の有り余っている若者にはその力を別の方法で発散させて欲しいと東京の片隅でひっそり願うヤマグチマサコでした。

かしこ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

唐木田には何がある!?

『唐木田行ってみるぅ?』

友人のこの一言からプチ旅が始まった。

いやはや「唐木田」って聞いたことは有るけど私たちにとって無知の世界だった。

確かにTVや情報MAPでも『これがウマイ!』とか『ここが面白い!』とか聞いたことない。もはや行ってみるしかなかった。

小田急線に乗り、新百合ヶ丘で乗り換える。

P1000250_2 気が付けば電車内は誰も居なかった。

そして到着。

山田。

違う、山だ。

目の前に広がったのは山と住宅と大きめのホームセンターだった。

『あは。あはははは。』

とりあえず笑った。

どうやら散策出来る山があるらしいのでそこに向かう。

二時間くらいかけて散策。

散策の様子は『美海月穂の写真館』で。

P1000281 散策の最後には小さなキノコが見送ってくれた。

結構疲れたが、結構楽しかった。←どっちやねん。

『唐木田。何も無かったね、でも楽しかったよ。さようなら。』

思い残すことは何も無いと判断し、時間も有ったので近くの町田へレッツゴー。

つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出逢い。

今日はある方とお会いした。

私は終始緊張していたが、その方は私をリラックスさせてくれるような方だった。

『日々勉強だなぁ』

ホント、そんな時間だった。

本当に迷惑じゃないかとか色々申し訳なかったのだが、私からの熱烈な希望でお会いする事が出来た。

色々な話を聞かせて頂いて私は嬉しかった。

頑張ろう。

そう思った。

現実なんてそんなすぐには変えられないけれど、一つ一つ出逢いを大切にしていくことがどんなに大切か…。

どなたに逢ったとかはここに書かないけれど(申し訳ないです)、いつかまた一緒にお仕事できたらどんなに嬉しいか。

その日まで、私は折れずに自分に何かしらの自信をつけ、成長し続けたい。

そう思った。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

奇跡の母子犬。

実は(?)私、犬が大好きです。

でもテレビで見るセレブ犬には余り興味はありません。

ブラブラとネットサーフィンをしていたらこんなサイトがありました。

奇跡の母子犬http://www.animalpolice.net/jititai/himawari/index.html

犬や猫を飼うなら絶対里親からと思っている私ですが、実際問題毎日のように保健所で殺されていく動物が居ると思うと心が痛みます。

そんな中でも少しでも保護してあげたいと願い、行動に移していらっしゃる方達もいらっしゃいます。

私は東京での独り暮らし、ボランティアに参加したり、何かを援助してあげる余裕もありません。

奇跡の母子犬のように幸せになったワンちゃんが少しでも増え、心無い人間の為に命を落としていくワンちゃんが少しでも減って行く事を願っています。

-------------------------------------------------------------------

☆今日はダンス教室の発表会の振り付け。

どんなナンバーになるのか楽しみに思いながらもうすぐ出かけます☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧